バイアグラ|効果・飲み方

バイアグラ

バイアグラは、世界で初めての内服タイプのED治療です。
アメリカの有名な製薬会社ファイザーが研究・開発し、1998年に誕生。
日本では1999年に発売が開始されました。
今では世界130ヶ国で使われているED治療薬です。
「ペニスが挿入できる硬さになってくれない」
「入れる前に萎えてしまう」
などの勃起不全(ED)による症状を改善するお薬です。

バイアグラの効果

元祖!飲むED治療薬・バイアグラ
アメリカのファイザー社が開発したバイアグラは、世界で始めての内服タイプのED治療薬です。
発売当時は、ED治療への高い効果から「ブルーダイヤモンド」といわれ話題になりました。

【勃起のしくみ】
脳が性的刺激を受けると、虫垂神経が興奮し神経を通ってペニスに伝わります。
その際に体内では一酸化窒素が分泌され、サイクリックGMPという物質が増えて血管を拡張。
するとペニスに一気に血液が流れ込み、勃起が起こります。

EDになると、勃起に必要な働きをするサイクリックGMPをPDE5が分解してしまいます。すると、ペニスに血液が流れにくくなり硬さのある勃起ができなくなってしまうのです。

それを助けるのが、バイアグラの有効成分・シルデナフィル。
サイクリックGMPを分解してしまうPDE5を阻害し、血流を促すことで勃起をサポートします。

バイアグラは女性にも効果がある?!

医学的根拠はない!?
「女性がバイアグラを飲むと感度が上がる」という話、聞いたことありませんか?
実際に、血液の循環がよくなることで膣やクリトリスの神経が敏感になる可能性があります。
しかし、医学的根拠はないため女性の服用は止めましょう。

バイアグラの飲み方

1日1錠、1日の最大服用量は100mgまで!
バイアグラを服用後、約40分~1時間で成分が体内に吸収されます。
性行為の1時間前に服用することで、万全の状態で勃起をサポートします。

バイアグラを服用するときは、グレープフルーツとアルコールに注意が必要です。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸は、薬の成分を分解する体内酵素(CYP3A4)の働きをとめてしまいます。
体内酵素が正常に働かなくなると、正常に分解されず体内に長くとどまってしまい薬の働きが増強します。
薬が増強=副作用が大きく出やすくなるので危険!
しかも1度働けなくなった体内酵素が再び働くことはありません。
新しい酵素に入れ替わるまでは、24時間以上かかるといわれています。
ED治療薬を服用する予定がある場合は、2~3日前からグレープフルーツの摂取を避けましょう。

アルコールは、適量を摂取することでリラックス効果があり心因性EDの方にはいい効果をもたらすかもしれません。
しかし、飲みすぎると有効成分・シルデナフィルとアルコールの相乗効果で血流が促されいつもより酔ってしまう可能性があります。
バイアグラを服用する日はアルコールはほどほどにするか、しらふでセックスに挑みましょう。

バイアグラを飲んでも効かない原因

その食事のとり方が原因かも?
「バイアグラを飲んでも効果が全然なかった」
といった経験はありませんか?
もしかしたら食事のとり方が原因かもしれません。

バイアグラは食事の影響を受けやすい薬です。
脂っこい食事の後に服用すると、腸に油の膜ができてしまいせっかくの薬の成分が体内に吸収されなくなってしまいます。
バイアグラの効果を最大限に実感したいなら、空腹時に飲むことをオススメします。

どうしても食事をしないといけない場合は、空腹時にバイアグラを服用して約30分後(成分が吸収されてから)に服用しましょう。

バイアグラの副作用と禁忌

主な副作用として顔のほてり、目の充血など
重篤な副作用として、NAION・非動脈炎性前部虚血性視神経症(視力低下や視力喪失)の発現や勃起持続症などが報告されています。
体に異常を感じた場合は、すぐに服用を止めて医療機関を受診しましょう。

併用禁忌薬
【降圧剤や抗不整脈薬など】
他にも現在服用中のお薬がある場合は、医師または薬剤師に相談してから服用しましょう。

バイアグラを飲めない人
1.有効成分・シルデナフィルに過敏症の既往歴がある
2.心血管系障害があるなど性行為が不適当と考えられる患者
3.重度の肝機能障害がある
4.低血圧または高血圧である
5.最近6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある
6.未成年者