バリフ|効果・飲み方

バリフ

バリフは、海外製のレビトラ・ジェネリックです。
レビトラと同じ有効成分、バルデナフィルを配合しており最短15分で勃起を実現できます。
国内の医療機関では、かなり高い価格で販売されているレビトラですがバリフは1錠200円から販売しています。
ED治療を安価にスタートさせたい人、即効性を求める人に最適な医薬品です。

バリフとは

レビトラと同等の勃起効果が得られます

バリフは、ED症状に悩まされている人にピッタリのED治療薬です。

・性欲や性的刺激があるのにまったく勃起しない
・性行為中に中折れをする、または射精までの硬さを維持できない
・勃起はするが硬さが十分ではない

こういったED症状を抱えている人に適しています。

EDを解消するためには、周辺の血管を拡張させて血流量を増加させる必要があります。
バルデナフィルは性器周辺の血流を向上させて、勃起をしようとする働きを抑制している酵素(PDE-5)の働きを妨げます。
勃起を抑えている酵素は通常であれば必要なものです。
しかし、EDを発症している人は、この酵素が優勢に働き過ぎているという難点があります。
そのため勃起が正常に行われず、勃起しない・硬さが十分ではない・途中で中折れしてしまうといった症状が引き起こされるのです。
バルデナフィルは、血流改善をして酵素の働きを妨げることでED症状を改善します。

バリフ死亡の真相

バリフと検索すると「バリフ 死亡」という検索ワードが出てきます。
「バリフを服用すると死亡してしまうのでは?」という不安を抱えている人もいるはず。
実をいうと死亡する確率はゼロではありません。
これはバリフに限った話ではなく、他のED治療薬でも言えることです。
バリフに配合されるバルデナフィルの死亡率は、ISSMの「勃起薬の副作用に関する研究」によると121名の方が薬に関連して死亡してしまった例は全体の1~2%と言われています。

・併用禁止されている薬を服用した
・服用の注意事項をきちんと守らなかった
・禁止されている飲み方をした
・用量を守らず、過剰摂取した

こういった方法でバリフを服用すると、リスクが高まります。
バリフを服用する際には、用法・用量や決まり事をきちんと守りましょう。

バリフの服用方法

性行為の20分~1時間前に1回1錠を服用します

服用の際には、水またはぬるま湯で服用しましょう。
1日1回までが上限で、次回服用する際には前回の服用から最低でも24時間以上の間隔を空けてください。

アルコールやグレープフルーツと共に摂取すると副作用が増強したり、酔いの回りが早くなったりする恐れがあります。

バリフの成分量は20mgですが、人によっては10mgで十分な場合もあります。
初めてバリフを服用する人は、ピルカッターやハサミを用いて半錠にカットしてから服用するようにしましょう。
身体に合っている、または副作用を顕著に感じないという場合は次回から20mgを服用しましょう。

食事の影響を受けにくいバリフ

バリフは食事の影響を受けにくいといわれています。
700キロカロリー未満かつ脂質が23.3グラム以下の食事であれば、効果に影響することはありません。

・親子丼
・ざるそば
・えび天うどん

といった食事はカロリーが700キロカロリー未満のためおすすめです。

影響を受けにくいといえど、最大限の効果を得たい・一刻も早く効果を実感したいという場合は空腹時の服用を推奨します。

服用する際の注意点

バリフは女性が飲むとどうなるのでしょうか?
有効成分であるバルデナフィルは、女性を対象とした治験や臨床試験が行われていません。
男性専用のED治療薬のため、女性は服用してはいけません。
安全性が確証されておらず、身体にどのような影響をもたらすか誰も予測ができません。

バリフは日本の医療機関では購入できません。
個人輸入を用いて購入する必要がありますが、購入・服用はすべて自己責任となります。
そのため、女性がバリフを飲んだ場合に重い副作用を感じたとしても日本の医療機関では保証が受けられません。
服用後も安易に治療をスタートできないというケースもあるのです。
バリフは男性だけが服用するようにしましょう。

バリフの副作用・注意事項

バリフの副作用
ほてり、頭痛、鼻づまり、発汗、吐き気、不眠などがあります。
バルデナフィルの効果による副作用が大半のため、成分が代謝されると副作用も消失していくケースがほとんどです。
重症化・長期化していると感じた場合は、すぐに使用を中止してください。

重篤な副作用は、アナフィラキシー反応、射精障害、プリアピズム(持続勃起症)です。
症状が現れた場合は、すぐに医療機関へかかってください。

バリフの併用禁忌薬
ニトログリセリン、硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル、リトナビル、ノービア、アタザナビル、ホスアンプレナビル、ケトコナゾール、イトラコナゾール、コビシスタット製剤、キニジン、プロカインアミド、アミオダロン、ソタロールなどは併用注意薬です。

バリフの併用注意薬
マクロライド系抗生物質やビカルタミド、リファンピシン、カルペリチド、テラゾシン、タムスロシンは併用注意薬です。

服用してはいけない人
バルデナフィルに対して過敏症の既往歴がある、硝酸剤または一酸化窒素供与剤を服用している、心血管系障害があり性行為が不適当と判断されている、先天性のQT延長患者、抗不整脈を服用中、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が直近6ヵ月以内にある、重度の肝機能障害がある、血液透析が必要な腎障害者、治療管理されていない低血圧または高血圧である、不安定狭心症、網膜色素変性症患者はバリフを服用できません。

バリフ通販について

バリフは海外製薬です。
購入する際には、国内の医療機関ではなく個人輸入や個人輸入代行サイトを利用してください。
これまでにレビトラを服用した経験があるという人は、バリフを通販で購入して費用を削減するという手法もあります。
海外製薬の輸入は、すべて自己責任のため自分自身でメーカーの安全性や個人輸入代行サイトの信頼性を見分ける必要があります。
中にはただのビタミン剤をバリフと称して販売している悪徳サイトも存在しているため、購入する際には十分に検討してから買いましょう。