スーパーカマグラ|ED改善と早漏防止|効果・飲み方

スーパーカマグラ

スーパーカマグラは1錠にED改善効果と早漏防止効果がついている医薬品です。
ED改善効果のあるシルデナフィルと、早漏防止効果のあるダポキセチンを配合。
EDと早漏は併発しやすく、両方の症状悩んでいる男性は多数いるもの。
そんなWパンチを受けている男性にぜひオススメしたい商品です。

スーパーカマグラの購入はコチラ

スーパーカマグラとは?

スーパーカマグラは、インドの製薬会社であるアジャンタファーマから発売されている海外製の医薬品です。
海外製の医薬品というと少々怪訝に思われがちですが、インドはジェネリック大国と呼ばれるうほどジェネリックの生産に力を入れています。

ジェネリックは新薬をもとに開発されており、有効成分が同じであるため効果や安全性も同等です。
さらに開発費用が新薬よりも低コストであることから、販売価格が安いという特徴も持っています。
ジェネリックは二番煎じだからと質が落ちることはなく、同レベルの有効性や安全性が低価格で得られるお得な商品です。

スーパーカマグラの効果

ED改善効果と早漏防止効果のあるスーパーカマグラ。
なぜ1錠で2つの異なった効果が得られるのでしょうか。
その理由は2つの有効成分が配合されているから。

スーパーカマグラにはED改善薬・バイアグラに使用されているシルデナフィルと、早漏防止薬・プリリジーに使用されているダポキセチンが配合されています。
2つの成分はお互いの作用に干渉しないため、それぞれが独立して効果を発揮します。
そのため1錠に2つの有効成分を配合していても両方の効果を発揮できるのです。

ED改善効果

勃起は、興奮によって血液の循環量が増え、ペニスへの血液量が増えて質量を増すことで起こります。
EDの場合は、血液量を増やす成分を分解する成分が興奮時に分泌。
血液量の増加が起こらず、ペニスへと勃起に必要な量の血液が届かなくなるため、勃起できずにEDとなってしまいます。

スーパーカマグラの有効成分・シルデナフィルは、勃起の邪魔をする成分の働きを阻害する作用を持っています。
服用することで体内を巡る血液の量を増やし、勃起を促してくれます。

早漏防止効果

早漏は脳の過剰な興奮が原因の1つです。
過剰に興奮してしまうと射精をコントロールする余裕がなくなり、体の欲望のままに射精してしまいます。
そのため、自分でももう少し挿入しておきたくても、気持ちよさのあまり本能に従って入れた直後に射精が起こってしまうのです。

スーパーカマグラの有効成分・ダポキセチンは、脳の興奮を抑える作用を持っています。
脳を落ち着けることで射精をコントロールでき、射精を我慢して長く挿入できるようになります。

効果が続く時間は5時間程度

服用後、30分~1時間程度でED改善効果が現れ、1~3時間後に早漏防止効果が発現します。
ED改善効果は約5時間、早漏防止効果も約5時間ほど持続します。
両方の効果は同じ時間持続しますが、効果の発現タイミングが異なるため、場合によってはED改善効果が先に切れてしまうこともあるため服用タイミングには気をつけましょう。

スーパーカマグラの飲み方

スーパーカマグラは、性行為の1~3時間前に1錠を水またはぬるま湯で服用します。
服用は必ず空腹時に行ってください。

連日服用する場合は、必ず24時間以上の間隔をあける必要があります。
1日経たないうちに次を服用してしまうと副作用が出やすくなってしまうことも。
連続して服用する場合は計画的に服用するようにしてください。

服用は必ず空腹時に!

シルデナフィルは食事の影響を受けやすく、吸収時に食事によって胃に油の膜が張られていると吸収されづらくなってしまいます。
成分の吸収を正しく行って効果を得るためにも、必ず空腹時に服用しfましょう。

食事前に服用する時は、成分が吸収される30分の経過を待ってから食事を行ってっください。
食事後に服用する場合は、食事が消化されて空腹状態となる2時間の経過を待って服用しましょう。
脂っこい食事だと消化に2時間以上かかってしまうため、あっさりとした食事を選ぶようにしてください。

お酒と飲むのはチョー危険!?

スーパーカマグラの服用で気をつけたいのがお酒。
お酒もスーパーカマグラと同じように血管を広げて血流を増やす作用を持っています。
一緒に飲むこと自体に問題はありませんが、気をつけたいのが飲む量。
お互いがお互いの作用に干渉して作用を強めてしまうため、副作用が出やすくなったり酔いが回りやすくなったりします。

スーパーカマグラとお酒を同時に飲む場合は、普段よりも飲む量をセーブして飲みすぎないようにしましょう。

柑橘類との服用は注意が必要

性行為のタイミングは夜が多く、食事やお酒を楽しんだ後に挑むという人は多くいます。
そういった時に注意したいのが、柑橘系のデザートやお酒、ソフトドリンクなどです。
柑橘系の飲食物と一緒にスーパーカマグラを服用してしまうと、副作用のリスクが高まってしまいます。

柑橘類にはフラノクマリンという成分が含有しています。
このフラノクマリンは、医薬品の成分を分解して代謝する働きを持つ酵素・CYP3A4に作用。
CYP3A4に分解されなかった成分だけが体内へと吸収されて効果を発揮します。

柑橘類を飲食してしまうと、フラノクマリンによって医薬品の成分の吸収量を調整しているCYP3A4の働きが鈍くなってしまいます。
有効成分の吸収量が増えて作用が強くなってしまうため、副作用が出やすくなってしまうのです。

スーパーカマグラの服用が控えている時は、柑橘類は避けるようにしましょう。
また、フラノクマリンは柑橘類のほかに、パセリやセロリ、ザクロなどにも含まれています。

注意すべき柑橘類 夏ミカン、サワーオレンジ、ハッサク、金柑、ライム など
注意すべきほかの食品 パセリ、セロリ、ミツバ、イチジク、ザクロ など
飲食可能な柑橘類 温州ミカン、カボス、日向夏、レモン、ゆず など

半錠服用で効果よし!コストよし!

スーパーカマグラにはEDに効果的なシルデナフィルが100mg、早漏防止の働きをするダポキセチンが60mg配合されています。
海外製のスーパーカマグラは体格の大きい外国人向けに製造されており、小柄な日本人には用量が大きくなっています。

そのため半錠にカットして80mgを服用することをオススメします。
ダポキセチンは30mgから服用でき、シルデナフィルは日本において50mgまでの服用が適切と言われています。

はじめてスーパーカマグラを服用するという人は、半錠から服用して効果と副作用がない場合にのみ服用量を増やしてください。
半錠で効果がある場合は、そのまま半錠での服用を続けましょう。
錠剤を半分に割って服用することで1錠で2回分となり、服用1回分のコストを下げることができます。
場合によっては長期戦となるED改善・早漏防止の治療においては、コストを減らすことで精神的・経済的負担を軽減できます。

半分にカットして服用した後に残った分は、ピルカッターの容器に入れたりラップに包んだりして冷蔵庫で保存してください。
残った分は1週間以内に使用しましょう。

スーパーカマグラの注意点

スーパーカマグラで治療を行う場合、注意すべき事項があります。
服用する前に必ず確認しておきましょう。

スーパーカマグラの副作用

スーパーカマグラには得られる作用によりED改善や早漏防止のほかに副作用が出る場合があります。
報告されている副作用は次の通りです。

副作用
顔のほてり、鼻づまり、動悸、頭痛、口の渇き、めまい、吐き気、眠気 など

上記の副作用は比較的見られやすい症状であり、軽くすぐに治まるため心配ありません。

視力異常や長く勃起が続く場合は病院へ!

スーパーカマグラは副作用が出やすい一方、症状は基本的に軽度です。
しかし中には注意が必要な副作用もあります。

・非動脈炎症性前部虚血性神経症
NAIONと略される視覚異常の病気です。
視力が大きく低下したり、視界の上部または下部が見えなくなるという症状が見られます。
放っておくと視力を失ってしまうこともあります。

・持続勃起症
興奮や刺激がないにも関わらず勃起が長時間続く症状です。
静脈が閉塞して血液の循環が行われない場合は静脈性持続勃起症、動脈から常に血液が流れ込んでくる場合は動脈性持続勃起症といいます。
動脈性持続勃起症は意思とは別で勃起が続くほかに症状はなく、緊急性は低いです。
静脈性持続勃起症は勃起のほかに痛みを伴うことが多く、長く放置しておくとペニスが壊死してしまう可能性があります。

視界の異常や勃起が持続する場合はすぐさま病院を受診してください。

スーパーカマグラの服用禁忌

スーパーカマグラを服用できない人は次の通りです。
あてはまる人は絶対に服用しないでください。

服用できない人
・心血管系疾患により性行為が不適切でないとされた人
 →性行為は心臓へのリスクを伴うため
・重度の肝機能障害のある人
 →副作用のリスクが高まる
・低血圧や高血圧の人
 →性行為は心臓へのリスクを伴うため
・脳梗塞や脳出血を半年以内に起こした人
 →性行為は心臓へのリスクを伴うため
・心疾患を持っている人
 →性行為は心臓へのリスクを伴うため
・起立性低血圧や失神の既往歴がある人
 →性行為は心臓へのリスクを伴うため
・精神病のある人
 →服用中の医薬品の作用を助長してしまうため
・配合成分に過敏症のある人
 →アレルギー反応を起こしてしまうため
・併用禁忌薬を服用中の人
(併用禁忌薬:硝酸剤、NO供与剤、アミオダロン塩酸塩、CYP3A阻害薬など)
 →副作用のリスクを高めたり、ほかの症状を誘発してしまうため