ルネスタ・ジェネリック|効果・飲み方

ルネスタジェネリック

ルネスタ・ジェネリックは、国内でも処方されるルネスタの後発薬です。
不眠症という睡眠障害を治療する医薬品で、特に寝つきが悪い入眠障害を改善します。ルネスタ・ジェネリックは、海外製薬なので国内の医療機関では購入できません。
購入を検討している、ルネスタのジェネリック品を探している人は個人輸入代行サイトを利用してみましょう。

ルネスタ・ジェネリックとは

ルネスタ・ジェネリックのジェネリックとは、後発薬という意味です。
先に製造された薬を先発薬といい、先発薬としての特許が切れた後に他のメーカーが製造したものを後発薬といいます。
先発薬の特許は、先発薬を開発・製造・販売している特定のメーカーが持つ権利です。
開発から販売までの間にかかっている時間や費用を取り戻すためには、年月を重ねて先発薬を販売し続けて収益を上げる必要があります。
この期間は20~25年間あり、先発薬を開発したメーカーのみだけが製造から販売までの特許を持っているのです。
しかしこの特許期間が切れると、他の製薬メーカーも後発薬として製造・販売することが可能となります。
これを後発薬(ジェネリック)と呼んでいるのです。

ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ成分のみを配合することが条件なので効果・効能には違いがありません。
そのため、ルネスタ・ジェネリックも先発薬であるルネスタと同等の効果が期待できるといえるのです。

ルネスタ・ジェネリックの種類と価格

さっそくルネスタ・ジェネリックの種類と価格をチェックしていきましょう。
ここでは、海外製薬のジェネリック品を紹介していきます。ハイプナイトやフルナイト、エスゾピックは、すべて個人輸入のみで購入できます。
国内の医療機関では処方されていないため、注意してください。

【ハイプナイト】

用量 価格 1錠当たりの価格
1mg × 100錠 ¥6,300 ¥63
2mg × 100錠 ¥7,970 ¥79
3mg × 100錠 ¥9,910 ¥99

【フルナイト】

用量 価格 1錠当たりの価格
2mg × 50錠 ¥3,990 ¥79
2mg × 100錠 ¥7,590 ¥75

【エスゾピック】

用量 価格 1錠当たりの価格
2mg × 90錠 ¥5,710 ¥63
3mg × 90錠 ¥6,830 ¥75

上記の薬は、すべてルネスタ・ジェネリックで同じ成分を配合しています。
効果・効能に違いはありません。

通院が難しい場合は個人輸入でルネスタ・ジェネリック

ハイプナイトやフルナイト、エスゾピック等のルネスタ・ジェネリックは、すべて海外製の医薬品です。
「不眠症なら医療機関へかかればいいのでは?」と感じるかもしれません。
確かに病院やクリニックでルネスタを処方してもらった方が、保険もききます。また主治医とも相談しながら購入できるため安心感もあります。
しかし、個人輸入代行を通してルネスタのジェネリックを買っている人は、病院へすら通えないという人もいるのです。
不眠症を病院で診察を受ける時は、精神科や心療内科です。内科でも請け負っている場合もあります。
多くは精神科や心療内科へ通されるため、人目が気になって通院すらも苦痛に感じる人もいます。
今までルネスタを処方してもらっていた、自分に合う睡眠薬は自分で分かっているという人が個人輸入を通してルネスタ・ジェネリックを購入しているのです。

ルネスタ・ジェネリックの効果・効能

不眠症状である入眠障害を改善します。

ルネスタ・ジェネリックは、ルネスタと同じ有効成分・エスゾピクロンを配合しています。
脳内にあるガンマアミノ酪酸、またはGABAと呼ばれる物質の働きを高めて入眠を促進します。
GABAは入眠前に感じている興奮状態を鎮静して、気持ちを穏やかにするほか血圧の低下にも役立ちます。
入眠前にルネスタ・ジェネリックを服用することで、GABAに働きかけてスムーズに入眠できるように作用するのです。
不眠症状である「なかなか寝付けない」「眠りたいのに眠れない」といった入眠障害を改善へと導きます。

入眠障害に効果を発揮するため、即効性に優れています。服用してから約30分~1時間では効果を発揮して、5時間程度作用が持続します。
成分のキレが良いため、翌日に眠気を残さないというメリット点もあります。

ルネスタ・ジェネリックの飲み方

就寝する30分~1時間前に1回1錠を服用します。

ルネスタ・ジェネリックは、どのジェネリック医薬品も同じ服用方法です。
成分の代謝がスピーディーなので、即効性があります。
そのため服用した後は、すぐに就寝体勢に入りましょう。
服用後に作業をしたり、家事をしたりすると転倒やふらつきを引き起こして事故につながる場合があります。
ルネスタ・ジェネリックは睡眠薬なので、服用した後はすぐに床につきましょう。

アルコールと併用してはいけません

ルネスタ・ジェネリックを服用する際には、アルコールで飲まず水またはぬるま湯で服用しましょう。
「寝つきを良くするために」という理由で、アルコールとルネスタ・ジェネリックを併用するとふらつきや転倒を引き起こしやすくなります。
さらに寝酒は睡眠の質を下げるため、眠る前に飲むのは推奨できません。

食後すぐに服用すると即効性が半減

ルネスタ・ジェネリックを服用する予定がある日は、早めに夕食を食べ終えておきましょう。
食後すぐに服用すると、成分が体内へと吸収されるまでに時間がかかってしまい即効性を失ってしまいます。
また食後すぐの睡眠は、アルコールとの併用と同様に睡眠の質を低下させるためおすすめできません。
食事は、就寝する3時間前に終えておきましょう。

ルネスタ・ジェネリックの副作用・注意事項

ルネスタ・ジェネリックの副作用
味覚異常、傾眠、頭痛、めまい、注意力障害、うつ病、口渇、口腔内不快感、下痢、口内乾燥、便秘などがあります。

ルネスタ・ジェネリックの併用禁忌薬
筋弛緩剤、スキサメトニウム塩化物水和物、ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、パンクロニウム臭化物、バルビツール酸誘導体、エタノール摂取、麻酔剤、リファンピシン類などがあります。

服用してはいけない人
妊婦・産婦・授乳婦、エスゾピクロンやゾピクロンに対して過敏症の既往歴がある、重症筋無気力症、肺性心、肺気腫、気管支喘息および脳血管障害の急性期で呼吸機能が低下している、体力が低下している、高齢者、心障害や脳に器質的障害がある、肝機能・腎機能障害があるといった人は服用できません。