カマグラゼリー|効果・飲み方


EDが進むと自力では治せなくなります。
そこで頼りになるのがED治療薬。
まずは病院で診てもらいバイアグラやシアリスなどを処方してもらい、慣れてきたら価格の安いジェネリックに切り替えるという人も少なくありません。

そこでオススメしたいのがカマグラゼリー。
バイアグラのジェネリックで、ゼリータイプの珍しい商品です。

カマグラゼリーはEDの効く

バイアグラ・ジェネリックであるカマグラゼリー。
なぜEDの改善に効果を発揮するのでしょうか。
それには有効成分のシルデナフィルが関わっています。

シルデナフィルは、勃起に必須なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまうPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを阻害します。
勃起は性的欲求によって血管が広がり、血行がよくなることが起こります。
血管拡張作用を持っているのがcGMP。
PDE5は通常射精後に放出されてcGMPのを分解して勃起状態を解除します。
しかし勃起前にcGMPとPDE5が出てしまうことでPDE5がcGMPを分解。
勃起が血管が広がらずに勃起が起こらないため、EDとなってしまいます。

EDの人がカマグラゼリーを服用すると、シルデナフィルの作用によりPDE5の働きを阻害。
cGMPの分解を防いで正常に働くため、勃起が可能となります。

錠剤タイプよりも早く効く!

シルデナフィルは水に溶けやすい成分であり、すぐに溶けて体内へと吸収されます。
吸収された成分は体内を巡り効果を現します。
シルデナフィルの効果が発現するのは服用して30~60分ほど経過してから。
しかしカマグラゼリーは30分ほどで効果を見せます。
固形でなく液体に近いため体内へと吸収されやすく、通常のバイアグラ・ジェネリックよりも即効性があるのです。

カマグラゼリーの飲み方

カマグラゼリーの服用は性行為の30分~1時間前を目安に、水またはぬるま湯で行います。
箱の中に入っている包はカード型になっており、半分に折ることで折り目からゼリーが出てくる仕様となっています。
出てくるゼリーをそのままちゅるんと飲むか、お皿やコップなどに出してから飲みましょう。
ゼリーはハードタイプではなくハチミツのようにドロッとしたタイプです。
こぼれ落ちないように注意してください。

NGな飲み方3選

カマグラゼリーを服用する際に気をつけたいことが3つあります。

1、空腹時に服用する
シルデナフィルは食事をしてしまうと吸収されづらくなり、効果の有無や発現時間に影響を与えてしまいます。
正しく効果が欲しいなら、空腹時に服用してください。

2、お酒は控えめにする
アルコールとカマグラゼリーは同じ血管拡張作用を持っているため、お互いの作用を増強してしまいます。
酔いが回りやすくなったり副作用が出やすくなったりしてしまうため、お酒は控えめに飲みましょう。

3、柑橘類は避ける
多くの柑橘類に含まれるフラノクマリンは、シルデナフィルの代謝を阻害します。
シルデナフィルが体内に溜まってしまい副作用のリスクが高まるため、柑橘類の食べ物やお酒を含む飲み物は避けましょう。

その日の気分で選べる7つの味!

ジェネリックは飲みやすいように改良されている点も魅力。
カマグラゼリーはその名の通りゼリー状の医薬品です。
薬味のゼリーではなく果物や甘い味付けがなされているため、苦みなく簡単に飲めます。
1箱に7包入っており1つ1つフレーバーが異なっているため、その時の気分に合わせて味が選べます。
カマグラゼリーはVol-ⅠからⅣまであり、Volによっても入っている味が違うため、楽しんで服用できます。

Vol-Ⅰ:パイン・イチゴ・バニラ・オレンジ・バナナ・カシス・バタースコッチ
Vol-Ⅱ:ミント・ローズ・マンゴー・レモン・サクランボ・チョコレート・スイカ
Vol-Ⅲ:ライチ・グアバ・キャラメル・ラズベリー・キウイ・イチジク・グリーンアップル
Vol-Ⅳ:コーラ・アプリコット・モモ・パッションフルーツ・ココナッツ・ミックスフルーツ・ハチミツ

カマグラゼリーの注意点

カマグラゼリーは多くの男性を助けている医薬品ですが、誰でも安心して服用できるわけではありません。
医薬品であるため、副作用が出てしまうこともあれば、服用できない人がいたりします。
カマグラゼリーの服用を決める前に、どういった副作用があるのか、そもそも服用できる人なのかを確認しておきましょう。

これって大丈夫!?副作用の症状

ほてり、潮紅、頭痛、胸痛、動悸、頻脈、高血圧、低血圧、めまい など

カマグラゼリーの副作用で報告されている症状は上記の通りです。
症状は血管拡張作用によるものがほとんどを占めます。
血管が急激に広がると動悸がしたいり、周りの神経を刺激して頭痛が起こってしまったり、血流が増すため熱を持ちほてりや潮紅が現れます。

症状は軽いものであり、効果の減少とともに減少するため基本的には問題ありません。
しかし悪化してしまうこともあるため、不安に感じた場合は病院の受診をおすすめします。

こんな人は飲んだらダメ!

・有効成分にアレルギーのある人
・女性や未成年の人
・高血圧や低血圧の人
・重度の肝機能障害の人
・心血管系障害の人
・過去6ヵ月の間に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を発症した人
・併用禁忌薬を服用中の人
(併用禁忌薬:硝酸剤、NO供与剤、アミオダロン塩酸塩、CYP3A4阻害薬)

カマグラゼリーを服用してはいけない人は上記の通りです。
あてはまる人が服用してしまうと、症状を悪化させてしまったりほかの疾患の原因となってしまったり、疾患の治療に支障をきたしてしまう恐れがあります。
決して服用しないでください。
上記以外にも疾患や常用薬のある人は、服用前に一度医師に相談してください。