アイピル|効果を引き出す飲み方

アイピルの飲み方
アイピルは、緊急避妊薬・ノルレボのジェネリック医薬品です。
「彼氏が避妊してくれない」
「性行為中にコンドームが破れて避妊に失敗した」
「望まない性行為で、避妊できなかった」
など何らかの理由で避妊に失敗した場合に使用するアフターピルです。

アイピルの妊娠阻止率は最大99%と言われ、世界中で販売されています。
女性が自分自身を守るために、とても助かるアイテムですよね。
薬には決められた用法用量があり、一歩間違うと妊娠阻止率が下がる可能性があります。
望まない妊娠を阻止するために、正しい飲み方を知って自分を守りましょう。

アイピルの正しい飲み方

【アイピルの服用方法】
・性行為後、水またはぬるま湯で1回1錠を服用
・服用タイミングは性行為後72時間以内
・年齢制限はなし

アイピルは、避妊が失敗した性行為後72時間以内に飲みましましょう。
1回の服用量は1錠と決まっています。
妊娠してしまったらどうしようと、服用量を増やすのは大変危険です。
1錠でも十分に効果が得られるため、1回に2錠以上の服用はしないでください。
もし1回で2錠以上服用してしまった場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

食前や食後など服用タイミングの指定はありません。
できるだけ早く服用することで、避妊の効果を最大限に高めることができます。
服用が早ければ早いほど避妊効果も上がるため、なるべく12時間以内の服用が推奨されています。

アイピルが服用できる年齢は?

アイピルは何歳から飲めるのか、気になりますよね。
同じく避妊効果のある低用量ピルと比べると危険性が低く、服用の年齢制限はないと言われています。
生理がある女性なら何歳でも服用できるのです。

しかし併用すると危険な薬を飲んでいる人やアレルギーがある人、授乳中の人は服用できません。
また45歳以上の女性も注意が必要。
服用すると、血栓症を発症する可能性があるため危険が伴います。
45歳以上の女性は服用する前にお医者さんや薬剤師に確認しましょう。

アイピルの吐き気を予防する飲み方

アイピルを服用するとホルモンバランスが急激に変化するため、副作用として吐き気が起きることがあります。
吐いてしまった場合、もう一度アイピルを飲まないと避妊の効果が発揮できません。

【吐き気を起こさないための、2つのポイント】
・空腹の時に服用しない
アイピルを飲む前に、軽く食事をして食べ物をお腹に入れましょう。
空腹時に服用するよりも、吐き気を抑えられます。

・吐き気止めを飲む
吐き気を起こしやすい人や心配な人は、アイピルと一緒に市販の吐き気止め(酔い止め)を飲みましょう。

服用後2時間が経てば、薬の成分が吸収されると言われています。
飲んで2時間以内に吐いてしまった場合は、もう一度アイピルを服用しましょう。

アイピルの正しい服用タイミングはいつ?

服用タイミング
アイピルの効果が高くなる服用タイミングは、性行為後なるべく早い時間です。
【経過時間ごとの避妊阻止率】

性行為後 避妊率
24時間以内 99.5%
24~48時間以内 98.0%
48~72時間以内 97.0%
72~120時間以内 63.0%

性行為後24時間以内にアイピルを飲むと、99.5%の確率で避妊ができると言われています。
72時間以上経過した3日後でも63%の効果が認められていますが、一気に避妊率が下がってしまいます。

避妊への効果が完全に無くなるわけではありませんが、避妊率が下がるのは事実。
アイピルを服用して、3週間以内または次の生理予定日になっても出血がない場合は妊娠検査薬でチェックしましょう。

アフターピルの避妊率を下げないために、性行為後はなるべく早く飲むようにしましょう。

アイピルの間違った服用タイミング

アフターピルは早く服用するに越したことはありません。
もしも性行為から3日以上経って服用した場合、避妊効果は無いのでしょうか。

上記でも説明している通り、3日以上(72時間以上)経過しても避妊率は63%です。
避妊効果が無くなるわけではないので避妊対策を何もしないよりは、少しでも早くアフターピルを服用して避妊率を上げましょう。

アフターピルを飲んでも、妊娠が100%回避できるわけではありません。
普段から低用量ピルを服用することで、確実に避妊回避率が上がります。
・妊娠したくない
・パートナーが避妊してくれない

など妊娠を絶対に避けたい人は、低用量ピルの服用をオススメします。

アイピルの効果はどのくらい続く?

アイピルは服用後、約5~7日間は効果が続くと言われています。
飲んで約5日間は排卵が起こらないのです。

膣内に侵入した精子は、約5日間で受精能力を失い動かなくなります。
同時にアイピルの効果も失われます。

また、5~7日間はアイピルの効果があると鷹を括って避妊をしないのは危険です。
アイピルの効果が薄れていたり、妊娠する可能性が高いからです。
次の生理や出血があるまでは、避妊に成功したとは言えません。

またアイピルを服用後に無防備な性行為があった場合、再び服用する必要があります。
同じ時期にアイピルを何回も服用した場合、妊娠する確率が急激に高くなります。
避妊率を上げるためにも、頻繁な服用は避けましょう。
次の生理がくるまでは、禁欲するのがオススメです。

禁欲が難しい場合は、低用量ピルを服用する方法もあります。
確実に妊娠を避けたい人は、低用量ピルの使用を考えましょう。

アイピルを備えて自分を守る

無防備な性行為をしてしまい、アフターピルを飲む場合。
早急に服用することで、避妊阻止率は上がります。

しかしアフターピルが今すぐ欲しい時、病院で何時間も待たされたり病院が休みだったりとすぐには薬を手に入れられない可能性もあります。

妊娠していたらどうしようと、不安になって焦ってしまうでしょう。
病院でアフターピルを出してもらっても、1回分だけです。

アフターピルを持っていると、いつでも飲めるし安心できますよね。
海外製のアイピルは、通販で購入できます。
1錠・3錠・6錠・10錠・30錠とまとめて購入もできるため、最近ではアフターピルを手元に常備する女性も多いのだとか。

望まない妊娠を避けるために、通販でアイピルを購入しておきましょう。