ハイプナイト|効果・飲み方

ハイプナイト

ハイプナイトはルネスタジェネリックのひとつで、即効性に優れている医薬品です。
なかなか寝つけない、入眠できないといった不眠症状を改善します。

ハイプナイトの効果

ハイプナイトは、入眠を促す作用を持つ睡眠薬です。
海外版のルネスタ・ジェネリックで、有効成分も同じエスゾピクロンを配合しています。
不眠症状の中でも入眠障害の改善に特化しており、寝つきが悪い・考え事が多くて眠れないといった人に最適です。
即効性と成分のキレの良さが特徴的で、翌日まで眠気を残さないというメリットがあります。
就寝前に服用してから約30分、遅くても1時間では眠気が訪れ作用時間は5時間です。一定の睡眠時間の確保ができるので途中で起きてしまう中途覚醒にも有効です。
ハイプナイトの有効成分であるエスゾピクロンは、脳内物質であるGABAの働きを促して入眠時に感じる興奮や覚醒状態を鎮静化させます。
脳をリラックス状態にすることで、寝つきの悪さを改善して入眠を促します。

GABAは、もともと体内で生成されている物質です。リラックス効果で興奮や緊張状態、不安感を鎮静化する作用があります。
しかし日常生活の中で強いストレスを受けていると、GABAが活性化し続けて不足状態に陥ります。
GABAが脳内で不足するとリラックスできなくなってしまい、緊張・興奮状態を強いられることになります。
ハイプナイトの効果で強制的にGABAに作用すると、リラックス効果が促進するため入眠効果が得られるのです。

またハイプナイトは、筋弛緩作用が弱められているたため転倒やふらつきといったリスクが軽減されています。
「睡眠薬は副作用が怖そう」というイメージを持っている方でも、過度に心配することなく服用できます。

ハイプナイトとエスゾピックの違い

ルネスタ・ジェネリックの中には、ハイプナイトの他にもエスゾピックという薬もあります。
どちらもルネスタと同じ成分(エスゾピクロン)を配合しているため、効果・効能・副作用・併用禁忌薬・併用注意薬等に違いはありません。

異なる点は製造会社や価格、発送している国などです。
また成分量にも違いがあります。
ハイプナイトは1~3mgの成分量ですが、エスゾピックは2~3mgで製造されています。

ハイプナイトの服用方法

ハイプナイトは就寝前に1回1錠を服用してください。即効性が高いため、服用後は作業を行わないようにしましょう。
ハイプナイトは一度に3mgまで摂取可能ですが、それ以上は超えないようにしてください。高齢者や初めて服用する人は1mgか2mgに留めておきましょう。
飲み忘れがあったとしても、一度に2回分を服用しないでください。

食後に飲んではいけない理由

ハイプナイトの有効成分であるエスゾピクロンは、食後すぐに服用すると即効性が発揮できません。
成分の吸収が遅くなり、効果を発揮できるまでに時間が必要となります。
また、就寝前の飲食は睡眠の質を低下させる原因となり得ます。
食事をすると肝臓や脳が代謝をしようと活発に働き始めて、なかなか眠れなくなったり途中で起きてしまったりします。
入眠促進や睡眠の質を維持するためにも、ハイプナイトを服用する予定がある日の食事は就寝する3時間以上前に済ませておきましょう。

アルコールと飲むのは厳禁

ハイプナイトはアルコールと一緒に服用してはいけません。
「お酒で寝つきを良くする」「お酒があるから眠りやすくなる」というイメージがありますが、お酒と睡眠薬を併用すると身体への負担が増加します。
転倒やふらつきといった副作用が軽減されているハイプナイトですが、お酒と併用することでめまいやふらつきを誘発しやすくなります。
さらに、お酒を利用しての入眠は睡眠の質を低下させるので一緒に飲まないようにしましょう。

ハイプナイトの副作用・注意事項

ハイプナイトの副作用
傾眠、頭痛、めまい、注意力障害、うつ病、口腔内不快感、口内乾燥、下痢、便秘、味覚異常などがあります。

服用後は一過性の健忘やもうろう状態を生じる場合があります。
ハイプナイトを服用した後の記憶がないといった状態で、無自覚に行動をしており大変危険です。
ハイプナイトは就寝前に服用するようにしましょう。

ハイプナイトの併用禁忌薬
筋弛緩剤、スキサメトニウム塩化物水和物、ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、パンクロニウム臭化物、中枢抑制筋弛緩剤、バルビツール酸誘導体、イトラコナゾール、リファンピシン類、チアミラールナトリウム、チオペンタールナトリウム製剤など。

服用してはいけない人
妊娠中・出産を控えている・授乳中の女性、エスゾピクロンまたはゾピクロンに対して過敏症の既往歴がある、重症筋無気力症、急性狭隅緑内障、肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳内血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下しているなど。

ハイプナイトの買い方

ハイプナイトは個人輸入代行サイトを利用して購入できます。
日本の医療機関では買えないので注意してください。
先発薬であるルネスタは医療機関でも処方されています。

ハイプナイトの最安値は1mg×50錠入りで、約3,300円です。最高額でも10,000円に達しない販売価格となっています。
サイトによって価格設定が変わるので、いろいろなサイトを見比べてみましょう。

ハイプナイトの口コミ

スーミンさん(50歳)

病院でもらっていた薬は強すぎて飲むのを中断していました。もうこの年にもなると、ふらつきを予防するのが大変です。ハイプナイトはインターネットの世界に詳しい娘に教えてもらいましたよ。通販サイトはテレビでしか買っていませんでしたが、インターネットもいいですね。
ハイプナイトのおかげでスッと眠れるようになり、ふらふら状態もなくなりました。

最弱さん(25歳)
ストレス社会で働いているせいか、身体に支障をきたし始めています。
不眠症かもしれないという疑惑はありましたが、病院へ行くのもめんどうだし恥ずかしい、どうしていいか分からないし。
こういったことで病院へは行ったことがないので、不安だらけでした。
ネットでたまたま見つけたハイプナイトを買って、先日飲んでみたところ無事眠れました。軽度の不眠症だったのか、とりあえず効いてよかったです。