フルナイト|効果・飲み方

フルナイト

フルナイトは、国内でも処方されているルネスタのジェネリック医薬品です。
同じ有効成分・エスゾピクロンを配合しているため、ルネスタと同等の効果が望めます。
寝つきが悪いという不眠症状に有効な医薬品です。
フルナイトはルネスタのジェネリックですが、国内の医療機関では購入できません。
ルネスタを一度処方されたことがあるという人で、ジェネリックを求めている人は個人輸入代行サイトを利用してください。

フルナイトとは

活発になっている脳の働きを抑制して、睡眠に適した状態にします

フルナイトは、脳内物質であるGABAに働きかけて脳をリラックスさせます。
不眠症に陥っている人は、就寝前に脳が活発に働いている状態になっています。
フルナイトを服用するとGABAの働きが活発になり、脳の緊張や興奮を誘発している覚醒物質を抑制して心身ともにリラックスさせて入眠へと導くのです。

・眠りたくても眠れない
・なかなか寝付けない
・考え事で頭がいっぱいだ

上記のような不眠症状を抱えている人に最適な薬で、入眠作用に特化しています。

睡眠薬は、超短時間型・短時間型・中間型・長時間型に分類されます。
入眠がなかなかうまくない人は、超短時間型や短時間型の薬がピッタリです。
フルナイトは超短時間型睡眠薬で、服用してから1時間以内に最高血中濃度に達します。
半減期は2~4時間のため即効性があり、翌日まで眠気を引きずらないというメリットがあります。

非ベンゾジアゼピンだから安全性に特化

フルナイトは非ベンゾジアゼピン系の薬に該当するため、依存性や副作用が酷いといわれてきたバルビツーツ酸系の睡眠薬とは違います。
現代の医療では、非ベンゾジアゼピンやベンゾジアゼピン系の薬で不眠症を治療するのが主流です。
バルビツール酸系の睡眠薬よりも、依存性や副作用のリスクが軽減されています。

フルナイトとハイプナイトの違い

ルネスタ・ジェネリックは、フルナイトの他にもハイプナイトという薬があります。
どちらも同じ有効成分・エスゾピクロンを配合しているため、効果・効能、服用方法、併用注意薬といった内容に違いはありません。
異なる点は製造・販売しているメーカー、価格、成分量です。

フルナイトはSun Pharma社が製造しており、2mgのみを販売しています。
一方ハイプナイトは、Consern Pharma社が製造していて、成分量は1~3mgで販売しています。

フルナイトの服用方法

就寝前に1回1錠を服用します

フルナイトは睡眠薬なので、就寝前に服用してください。
高齢者が服用する場合は、1回の最大摂取量を2mgまでとします。

フルナイトを服用する予定がある日の夕食は、就寝時刻の3時間前に終えておきましょう。
食事中や食後すぐに服用すると、体内でエスゾピクロンの吸収が遅くなり入作用が低下していきます。
食後すぐは食べた物を消化しようと内臓が活発に働いている状態になり、脳も活動モードに入ります。
入眠を促すためには良くない環境になるため、夕食は早めに済ませておきましょう。

お酒とフルナイトに注意

寝つきを良くするためにとお酒とフルナイトを併用してはいけません。
お酒とフルナイトを服用すると、中枢神経抑制作用が増強される恐れがあります。
ろれつが回らなくなったり、混乱状態に陥ったりする危険性があるため併用してはいけません。

フルナイトの副作用・注意事項

フルナイトの副作用
傾眠、頭痛、浮動性めまい、味覚異常、口渇があります。

めまいや眠気を感じた場合は、車の運転や危険を伴う機械の操作は避けてください。
また味覚異常は、エスゾピクロン特有の副作用で服用後に苦味を感じる場合があります。

頻度不明な副作用は、神経過敏や記憶障害、思考異常、感情不安定、錯乱状態、発疹、性欲減退、筋肉痛、片頭痛、高血圧といった症状があります。

フルナイトの併用注意薬

・筋弛緩薬や中枢神経抑制剤
筋弛緩作用、抗痙攣作用、中枢神経抑制作用が増強される恐れがあります。
スキサメトニウムやツボクラリン、パンクロニウム臭化物、フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体といった薬があります。

・チアミラールナトリウムやチオペンタールナトリウム
呼吸抑制作用が増強される可能性があります。

・リファンピシン
肝代謝酵素誘導作用によって、フルナイトが通常よりも早く代謝されてしまい効果を減弱させる恐れがあります。

・イトラコナゾール
フルナイトの代謝が阻害されてしまい、血中濃度が増強する場合があります。

上記の薬とフルナイトを併用する場合は、使用前に医師と相談してください。

服用してはいけない人
エスゾピクロンまたはゾピクロンに対して過敏症の既往歴がある、妊婦・産婦・授乳中、重症筋無気力症、急性狭隅角緑内障、肺性心、肺気腫、気管支喘息および脳血管障害の急性期などで呼吸機能が高度に低下している人はフルナイトを服用してはいけません。

服用を注意しなければならない人
体力が低下している、高齢者、心障害あがある、脳に器質的障害がある、肝機能障害または腎機能障害がある人は服用前に専門医と相談してください。

フルナイトは個人輸入で買おう

フルナイトは、個人輸入代行サイトで購入できます。ルネスタのジェネリックとはいえ、国内の医療機関では処方されていないので注意してください。
ルネスタが個人輸入禁止になってからは、通販でジェネリックを購入する人が増加しているようです。

メーカーに直接問い合わせをして、輸入をする方法もあります。外国語が得意な人は直接メーカーとやり取りをして購入をしてみましょう。

個人輸入の利用はすべて自己責任です

外国から医薬品を輸入するのはすべて自己責任です。
薬が自分の身体に合っているか、そもそもこの薬は本物なのかということは自分自身で判断しなければなりません。
そのためフルナイトを購入する際には、十分に薬について下調べをしてから買いましょう。