チャンピックス|禁煙補助薬|効果・飲み方

チャンピックス
チャンピックスは、服用するだけで禁煙をサポートする治療薬です。
イライラや集中力の低下などの禁断症状を軽くします。
臨床実験では、服用を12週間(約3ヶ月間)続けた人の65.4%が禁煙に成功しています。

チャンピックスは、禁煙外来で処方される薬です。
しかし禁煙外来は、12週間分のチャンピックスのみ保険適応です。
12週間の服用期間を終えた後で、チャンピックスがないと禁煙が続くか不安でも12週間後の服用からは自費診療になります。
※1年間の間隔をあけると保険が適応されます。

自費診療で処方してもらうチャンピックスよりも、個人輸入代行サイトでチャンピックスを購入する方が1錠当たりの値段が安く、手軽に禁煙を続けられます。
チャンピックスの購入はコチラから

チャンピックスの効果

チャンピックスは、ニコチンが使われていない内服タイプの禁煙治療薬です。
禁煙によって現れるニコチン離脱症を軽減。
喫煙することで得られる満足感を減らし、禁煙をサポートします。
国内の禁煙外来でも使われており、6割以上の方が禁煙に成功しています。

「何回も禁煙にチャレンジしてるのに上手くいかない」
「自分は禁煙する意思が弱いんだ…」
など禁煙に失敗すると、自分自身を責めてしまいがちです。
タバコを止められないのは意思の弱さではなく、タバコに含まれるニコチンの依存性の高さによるもの。

チャンピックスは、ニコチン依存症の症状を軽減。
服用を続けることで、タバコが美味しいと感じにくくなり「タバコを吸いたい」という喫煙欲求を低下させます。

タバコをマズイと感じるようになる

喫煙すると、ドーパミンが放出され幸福感や満足感が得られます。
タバコが美味しい、また吸いたいと思い喫煙を続けてしまいます。

チャンピックスを服用すると、タバコがマズイ・美味しくないと感じるようになります。
有効成分・バレニクリンは、ニコチンよりも先にニコチン受容体に結合しドーパミンの放出を防ぎます。
ニコチンがニコチン受容体に結合できなくなり、タバコを吸っても美味しいと思わなくなります。
結果、喫煙に対する欲求が徐々に低下していきます。

少量のドーパミンを放出し、離脱症状を緩和

喫煙をすると、タバコの中のニコチンが脳にあるニコチン受容体と結合します。
ニコチンとニコチン受容体が結合すると、神経細胞からドーパミンが放出され満足感や快感が得られます。

チャンピックスの有効成分・バレニクリンは、タバコをすってもニコチンがニコチン受容体に結合するのを防ぎます。
バレニクリンがニコチン受容体と結合すと、タバコよりも少量のドーパミンを放出。
イライラや喪失感、集中力の低下など禁煙中のニコチン離脱症状を緩和。
禁煙中のつらい禁断症状を減らし、無理のない禁煙をサポートします。

チャンピックスの飲み方

チャンピックスは、服用するにあたり服用スケジュールがあります。
【服用開始後1週間】

1日の服用回数 3日目までは1日1回
4日目から1日2回
1回の服用量 1錠(0.5mg)
服用タイミング 食後
服用期間 1週間

【服用後2週間目~】

1日の服用回数 1日2回
1回の服用量 1錠(1mg)
服用タイミング 食後(朝・夕)
服用期間 11週間

チャンピックスを飲み始めてから1週間は、0.5mgを1日1回服用してください。
服用開始1週間は、喫煙をしてもかまいません。
飲み始めの頃は、気分が悪くなったり吐き気がしたりと副作用が現れる場合があります。
気になる場合は、吐き気止めを服用しましょう。

服用を開始して2週目からは、1mgを1日2回服用します。
服用開始して2週間目(8日後)からは、喫煙をやめましょう。
チャンピックスの服用開始後、12週間は継続して飲んでください。

食後に服用してください

チャンピックスの服用タイミングは、食後です。
服用開始から1~3日目は、朝食後・昼食後・夕食後のいつでも構いません。
4日目以降は、朝食後と夕食後に服用してください。

朝食を普段からとらない方でも、チャンピックスを服用する間は少量でも朝食をとりましょう。
空腹時に服用すると、副作用で胃腸症状が現れる可能性があります。

もしチャンピックスを飲み忘れてしまったら?

チャンピックスを飲み忘れてしまった場合、気付いた時点で飲み忘れた分を服用してください。
次の服用タイミングが近い場合、次の服用時間に1回分を飲みましょう。
※チャンピックスを飲み忘れても、1度に2回分服用しないでください。

チャンピックスは、12週間以上服用を続けることで禁煙の効果が現れます。
飲み忘れたり、もう禁煙できたと思ったりしても12週間以内であれば服用を続けましょう。

2週目以降に喫煙してしまったら失敗?

服用開始から2週間目以降に、もし喫煙してしまっても大丈夫。
チャンピックスの服用は継続して、禁煙を再開しましょう。

チャンピックスには、ニコチン受容体にニコチンが結合しないように作用します。
タバコから摂取したニコチンの働きを妨げるので、喫煙による幸福感や満足感は減少します。

チャンピックスの副作用と禁忌

副作用
・消化器官症状
吐き気、下痢、便秘、腹痛、口内炎など
・筋、骨格系症状
筋肉痛、関節痛など
・精神神経系症状
不眠、頭痛など
・肝機能症状
ASTやALTなどの肝機能数値異常に伴う、肝機能障害が出る可能性があります。
また倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気、嘔吐などが続く場合は、医療機関を受診して下さい。

併用注意薬
・シメチジン

以下に該当する方は、服用前に医師に相談してください
・統合失調症、双極性障害、うつ病などの精神疾患のある患者
・重度の前機能障害である
・血液透析をしている
・妊娠中または授乳中の女性
・小児
・高齢者

チャンピックスの評価

実際に、チャンピックス使用した人の体験談を見て行きましょう。

こま/36歳/評価:★★★★
禁煙外来で、チャンピックスを処方してもらいながら禁煙。
先生もいい人で、今度こそは禁煙できそう。
でも、チャンピックスの服用期間(12週間)が終わりに近づくほど不安が…。
1年間、チャンピックスなしでちゃんと禁煙できるのか?
友達に相談したら、個人輸入代行サイトで購入できるとのこと。
さっそく検索して、購入。
2週間ほどで届きました。
あれから約半年くらい経ったかな?今では、チャンピックスがなくても禁煙を続けられています。
不安が払拭できたので、個人輸入代行サイトで購入しておいてよかった。